自社の引継ぎをするなら|事業承継で経営改革する

接骨院経営の頼れる味方

柔道整復師会は、接骨院や整骨院を経営する柔道整復師を会員とする同業者団体です。主な事業は保険診療に係る報酬を請求する際に行う受領委任払い業務の受託で、個々の柔道整復師の事務負担を大幅に軽減してくれます。

事業の引継ぎ

中年男性

可能性を大きく秘めた方法

事業をしている人にとって、必ず訪れるのが事業承継です。特に小さな会社においては、経営=社長の手腕であることが多く、承継によって経営そのものが大きく変わる可能性もあるため、慎重に行う必要があります。承継とは、簡単に言えば事業を誰に引き継ぐかということです。大まかに分ければ、子供など身内に事業を譲る、親族でない社員に事業を譲る、他の企業と合併したり買収したりする、といったことがあります。また、個人規模の企業であれば、事業承継をせずに廃業を選択することもあります。一昔前であれば、事業承継する場合は子や兄弟などの親族であることが多くありました。しかし最近では、子供がいない、他企業に勤めてしまっているなどの理由から、親族以外の人や、M&Aによる企業買収が増えてきています。特にM&Aによる事業承継が近年急激に増えてきています。有能な経営者を自社内のみで探すのではなく、経営手腕のある人を広く探せるという事は、今ある事業利益を伸ばす可能性にもつながるというメリットがあるからです。一般的に、M&Aを行うという事は、自社が守ってきた企業理念や経営方針の変換が必要とされることになります。もちろん働いている従業員の雇用や給与面など、条件面で折り合いをつける相手を見つけることは相当な努力を必要とします。しかし逆手に取れば、今までは思いつきもしなかった経営アイデアが浮かぶかもしれないのです。そしてそれは利益にもつながります。M&Aは事業すべてを譲渡することも可能ですが、一部のみを譲渡することも出来ます。事業承継はいつかは必ず行うことです。どのような承継方法がふさわしいのか、その時に備えて考えておく必要があるでしょう。

起業をしよう

メンズたち

開業を成功させるためには、大阪にある開業支援会社のセミナーを受けましょう。銀行からの融資の受け方など、有意義な情報を得られます。中には、無料で開催されているセミナーもありますから積極的に参加してください。

商材のコストダウン

地球とキーボード

中国輸入代行とは、中国から日本への輸出手続きを代行して行ってくれる業者です。単に輸出業務を代行するほか到着後に判明した不良品に対しても対応するところもあるなど、特に中小の小売業向けにとっては強みのあるサービスです。