自社の引継ぎをするなら|事業承継で経営改革する

商材のコストダウン

地球とキーボード

中国企業との取引

個人経営にしても法人経営にしても、また中小、大手に限らず卸業や小売業で利益を高めるためには扱っている商材の価格を可能な限り下げることがポイントになります。もちろん、国産であれば国産ブランドに強みがありますが、現実としては国産ですべての商品を用意できることは、現代では難しくなっており商品の購入は輸入に頼ることになります。この輸入先として有望なのが中国です。中国であれば、あらゆるものが生産されており、また国内で生産したよりも安価に手に入るメリットがあります。一方で国が違うため輸入という手続きを行う必要があります。大量に輸入をするのであれば専門部署を設けて行ったり輸入商社を通して購入するといった方法もありますが、少量である場合には中国輸入代行を使うのも方法です。輸入では、相手国で商品を探す必要があり、また契約を結ぶ際には商習慣も理解しておく必要があり、なにかとハードルの高いものですが、中国輸入代行であれば、それらを変わって現地の業者が商品探しから日本への輸出手続きまでを行ってくれます。このためはじめて行う場合には中国輸入代行を利用するのが無難です。中国輸入代行のメリットは、日本語が出来るスタッフが現地にいることや、輸入後のアフターケアも万全なところもあるということです。輸出前には検品が行われますが国内に到着してからも問題があれば、それらに対応してくれる業者もあって輸入をする際の最大のネックである不良品の発生を最小限に抑えることができます。